感動物語コンテスト2013

↑感動物語コンテスト2013エントリー受付中!

感動物語コンテストとは

「感動物語」とは、従業員とお客様、あるいは従業員同士の問で実際に起こった「職場の感動のエピソード」を約10分間のショートフィルムに再現したものです。ショートフィルムといっても、プロが作るような凝った動画映像ではなく、文字や写真が主体の「絵本」のようなものです。しかしこの手作り感が、逆に共感を呼ぶようです。

なお、「感動物語」はあくまで日常の活動の延長線上にうまれる、いわば「氷山の一角」です。ですからAPRAでは、「感動」とは作るものではなく浮上するものと位置付けています。臥龍こと角田識之そこで「感動物語」を上映する前に、氷山の水面下に当る日常の取り組み内容も5分間でアピールいただき、その計15分の内容で、会場の皆さまには投票いただくことにしています。

 

また、「感動物語コンテスト」の地区大会開催を通じて、地域産業の活性化につなげることや、「感動物語のエピソード文集」や「感動物語コンテストのDVD」などを学校の社会学習の時間に活用いただくことで、子供たちの社会へのグッドイメージを高めることも、APRAでは重要な社会貢献と考えております。

※5分間の事業説明及び感動物語の誕生背景の説明と10分間の感動物語の映像上映ですが、予選会のみ感動物語を映像ではなく朗読でもOKしている地区があります。詳細は予選会の事務局までご確認ください。

What's New

2012/09/16
感動物語コンテスト2012グランプリ大会を開催いたしました。
2012/08/09
グランプリ大会の鑑賞者及び協賛企業の受付を開始しました。
2012/07/31
東北地区予選会が終了いたしました。
2012/07/24
九州・沖縄地区予選会が終了いたしました。
2012/07/20
中部地区予選会が終了いたしました。
2012/07/17
関東地区予選会が終了いたしました。
2012/07/12
関西地区予選会が終了いたしました。
2012/07/10
関東地区予選会の開催時間が変更となりました。
2012/07/06
九州・沖縄地区予選会の詳細が決定いたしました。
2012/07/06
東北地区予選会の会場が決定しました。
2012/07/05
関西地区予選会の開催時間が変更となりました。
2012/07/03
予選会ページより「地区予選採点表」がダウンロード可能になりました。
2012/06/25
東北地区予選会の日時が決定しました。
2012/06/20
中部地区予選会の日時・会場が決定しました。
2012/06/15
関西地区・関東地区予選会の日時・会場が決定しました。
2012/04/23
地区大会のエントリー募集を開始しました。
2012/04/23
「感動物語コンテスト2012」サイトがオープンしました。

↑ ページの上部へ

■特別審査員応援メッセージ(順不同)

「伝説のホテル」ザ・レジエンド・ホテルズ&トラスト  鶴岡秀子 さん

今年も力ンコンの季節がやってきましだね!!事実は小説より奇なり」現場で起っているリアルなお話にこそ感動が詰まっていると思います。人生は学びに溢れていると感じた時、最高|こ素情らしい生き方が出来ます。
ぜひ、この素晴らしさを一緒に体感し、素敵な仲間を増やしていければと願っています。

映画監督  入江富美子 さん

思いが形になる。志が気配になる。存在の仕方が未来の舵をとる。へそからわき起こる思いが感動を伝播する。そんな時代の人や志事、企業の感動映像コンテスト。今年も感動の映像と、みなさんにお会いできる事を楽しみにしています。

WOMANドリームプランプレゼンテーション発起人  アンディこと 中橋佐知子 さん

今年もどんな感動が待っているのか・・・・とても楽しみです。どんな会社にも、どんな人にも「想い出がある」日々の小さな出来事を大切にした人たちのストーリーが力ンコン。参加させていただくたびに自分自身も日々の出来事を大切にしたいと思います。当日は忘れないよう|こハン力チを数枚持って参加したいと思います。一緒に感動しましょうね。

ディズ二ー博士  加賀屋克美 さん

力ンコンに参加させていただき今年で3年、エントリーされる方の作品が毎年グレードアップしていくので今年の作品がどんな内容なのか、今からワクワクしています。今年は感動と共感の涙を拭く「バスタオル」を用意しましだ。みなさん、宣しくお願いします!!

ホスピタリティ・ブランディング  永末春美 さん

「小さな会社で生まれた心あたたまる12の奇跡」を拝読して、この感動物語コンテスト2012を待ちに待っていました!感動とは、時に人の人生さえも大きく変えてしまうほどの力を持つものです。感動が他者lこ波及していくことで、幸せの連鎖が生まれる瞬間をこの心で感じ、皆様と出逢い共有できる機会を頂戴できましたことを心より感謝申し上げます。

365日24時間クライマックス  香取貴信 さん

人間は恐怖・権力・ペナルティでは動きません。共感と感動という心の動きがあって始めて自ら能動的|こ動きます。この感動物語コニテストには映像を通して、何の為に、そして誰の幸せの為に働くのかを思い出させてくれる。そんな機会になると楽しみにしています。働く事が誰かを元気に幸せに笑顔にできるって事

一般社団法人日本ほめる達人協会代表理事 「ほめ達!」こと西村貴好さん

当たり前の業務に意昧を見つけて取り組んでいると小さな点と点がつながる。そして奇跡のような物語になる。感動の種は私たちの周りにいっぱい蒔かれているんですね。あとは、それを信じて水をやり続け、陽を当て続けることが出来るかどうか。地道な努力のあとに咲く感動の花、今回も涙とともに拝見させていただきます。

第3回(2010年度)グランプリ受賞
医療法人社団すえおかこどもクリニック 院長 末岡裕文 さん

感動物語は、決して意識して作り上げるものではありまぜん。力ンコンは日常の出来事から出てきたものを、みんなでシェアするところです。そして、作品を作り上げる定め|こ、職場がまだひとつにまとまり、成長する機会でもあります。その作品は、職場の貴重な財産になります。その感動を共有できつことに感謝します。

ナ二ワのメンター ナニメンこと吉井雅之さん

何気ない日常にあるもの、それが当たり前のものではな<、感謝のつみかさねであることを、毎回自分自身に言い聞かすこの大会。審査員として参加させていただいている私が、各社様の感動物語を体験できるだけでな<、一番の学びをいただいてます。今年そう魂が喜ぶこの大会が楽しみです。

結果報告

結果報告

感動物語/DVD・書籍

感動物語コンテスト2011のグランプリ大会出品作品を収録したDVDを好評販売中!!

感動物語コンテスト2012inYOKOHAMA収録DVD

>>詳細・購入はこちら

APRA議長&APRA-JAPAN会長の角田識之待望の新刊本。

小さな会社で生まれた 心があたたまる12の奇跡
小さな会社で生まれた 心があたたまる12の奇跡

>>購入(amazon.co.jp)はこちら

企画・運営

本イベントは、APRA (エープラ)メンバーを中心とした実行委員会によって企画・運営されています。 APRAは、「アジア太平洋ルネッサンス協会」の略です。1996年に日本と台湾の経営者有志を中心として結成された異業種交流会です。

>>詳細はこちら